昨年あたりから仮想通貨の取引が盛んになってきている傾向にありますが、最低限の基本を知らずに取引すると大事な資産が減ってしまう可能性もあるため、まずは基本をしっかり勉強した上で取引に挑戦するのが最適です。株やFXに比べると短期間で稼ぎやすいのは間違いありませんので、一獲千金を狙って余剰資金で取引を始めましょう。

仮想通貨で大きな利益を得た場合には税金がかかります

1万円程度の資金を投資したら数百万円を超える利益を得たというケースも仮想通貨では珍しくなく、実際に億り人になった方も数多くいらっしゃいます。今後も上昇し続けるかどうかはわかりませんが、現物取引なら万が一価格が下落しても0円以下になることは無いので安心です。既にバブル状態と言われていますが、まだまだ上昇する可能性は高いので、資産を効率よく増やすための方法として是非仮想通貨の取引を活用してください。ある程度の利益が出た場合税金がかかりますが、今の所雑所得として計上されるため最大で利益の45%を税金として徴収されます。負担が大きいですが、脱税にならないためにも必ず確定申告の手続きを行って決められた税金を納めてください。

取引所選びは慎重に行いましょう

仮想通貨の取引を行うためには取引所への登録が必要になりますが、ハッキングで大事な資産が奪われてしまうケースも多いため、セキュリティーがしっかりしている取引所を選択することが重要になります。インターネット上に各取引所の評判が詳しく掲載されていますので、参考のために一度目を通しておくことをオススメします。また仮想通貨を購入する場合手数料がかかりますが、各取引所で手数料も若干異なりますので、少しでも手数料の安い取引所を選んで購入することを心がけてください。国内だけでもかなりの数の取引所がありますが、海外の取引所だと扱っている仮想通貨の種類も多いので、複数の取引所に登録して上手く使いこなすことをオススメします。

仮想通貨同士の取引にも税金がかかります

仮想通貨で一定の利益を得た場合税金がかかるのはもちろんですが、仮想通貨同士の取引を行った場合にも税金がかかると国税庁から発表されています。詳細は国税庁のホームページで確認できますので、払い忘れの無いように事前にチェックしておきましょう。普段確定申告を行わないサラリーマンの場合、税金の支払い方がわからないケースも多いので、専門知識を持った税理士などに相談してアドバイスを貰うのが最適です。初回相談は無料で行っている所が多いので、一人で悩まずに遠慮なく頼りましょう。今後税金関連の情報が更新される可能性もありますので、定期的に最新情報を確認することを忘れないでください。

まとめ

株やFXよりも短期間で利益を得るには最適の投資商品で、今後更に広まっていくことは間違いありません。非中央集権の通貨と言われていますが、ブロックチェーンと呼ばれる技術でセキュリティーも高く、法定通貨と同じように一般生活で当たり前に使われる可能性も十分あります。ただまだまだ不備も多く国内でもハッキングなどによるトラブルは多いので、あくまでも余剰資金で運用することを心がけてください。