最近話題になっている仮想通貨。
注目度が集まっていることもあり、一体仮想通貨とはどんなものなのか気になっている方も多いと思います。
また、すでに多くの人が利用している電子マネーとどんな違いがあるのかも気になりますよね?

そこで今回は、お互いのメリット・デメリットから、仮想通貨と電子マネーにどんな違いがあるのかを見ていきましょう。

仮想通貨と電子マネーの違いって?

まずは仮想通貨と電子マネーがそれぞれどんなものなのか、基本的な概要を見ていきましょう。

仮想通貨

仮想通貨は、特定の国や政府などの管理者のいない、誰でも利用できる国際的な通貨として開発されました。
ブロックチェーンという技術を使って、利用者全ての取引履歴が通貨自体に自動的に記録されており、常に全世界に公開されています。
データを改ざんするためには、流通している全ての仮想通貨を同時に改ざんする必要があるため、管理者がいなくても非常に安全性・透明性が高いのが特徴です。

主な仮想通貨 Bitcoin(BTC) / Ethereum(ETH) / Ripple(XRP) / NEM(XEM)

電子マネー

電子マネーは特定の企業や金融グループが発行するカードや携帯アプリなどを使って資金を移動する方法です。
利用者はクレジットカードや現金を使って、提携企業のサービスと交換できるポイントのようなものを購入します。
専用のカードや携帯アプリがあれば、現金を持ち歩かなくても提携サービスとポイントを交換する事ができます。

主な電子マネー Suica / pasmo / WAON

では、これらの情報を踏まえて、それぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

仮想通貨のメリット・デメリット

・メリット① 世界中で利用できる 


仮想通貨の最も大きなメリットは、世界中で利用できるという点でしょう。仮想通貨が作られた本来の目的でもあり、利用できる国・店舗・サービスは今も増えつづけています。
仮想通貨を持っていれば換金することなく利用できるため、その国の法定通貨に直すことなく買い物することができます。

・メリット② 海外送金が早い 送金手数料が安い


日本で円を違う通貨に換えて送金する場合、大手銀行だと2000円から5000円程度の手数料を必要とします。
しかも金額によっては着金するまでに最大で7日間もかかってしまう可能性があります。
しかし仮想通貨なら、送金自体にかかる手数料は10円~500円程度(利用する取引所や、そのときの価格によって変動する可能性がある)で済み、即日着金が可能です。

・メリット③ 投機対象として、差額で儲けることができる


仮想通貨が一般に盛り上がりを見せた理由はここにあります。
仮想通貨は上限発行数が決まっており、持っている人が多くなればなるほどその価値が上がって行きます。
価格が低いうちに買って、価格が高い時に売ることで、その差額を収益にすることができます。

・メリット④ 中央管理者がいないため透明性が高い


仮想通貨には特定の管理者がいません。ブロックチェーンという技術を使い、利用者同士が過去の取引履歴などで価値を裏付け、成り立っています。
取引履歴や仮想通貨の保有数は、誰でも閲覧する事ができるため非常に透明性が高く、改ざんなども難しくなっています

・デメリット① 現在はまだ価値が不安定

現状、仮想通貨は投機対象として見られることが多く、価格の乱高下が非常に激しいです。
購入してから数時間後には20%近く価格が変わっているなんてことはザラで、価格はまだ非常に不安定だと言えます。

・デメリット② 法整備がまだ済んでいない
各国様々な対応をしている仮想通貨ですが、現状どの国も仮想通貨に対する法整備が不十分な状態です。
仮想通貨の本来の目的である「世界中で安全に利用する」ためには、出来るだけ多くの国が仮想通貨に対する法律をしっかり整備する必要があります。

・デメリット③ 換金手数料がかかる
電子マネーと比べた時、仮想通貨は法定通貨と交換する際、取引所などにお金を支払う必要があります。
電子マネーは利用できるサービスが提携店などに限られるため、購入した金額分そのまま利用することができます。

・デメリット④ まだ取り扱い店が少ない
お店側が仮想通貨をある一定の期間保管しておく必要があります。
計上時までに売上が変動してしまう可能性があるため、仮想通貨を利用できるお店やサービスはまだまだ少ないのが現状です。

・デメリット⑤ 仮想通貨取引所など、管理企業のセキュリティが整っていない
仮想通貨自体は透明性が高く、安全性の高い通貨であることは間違いありません。しかしそれを取り扱う取引所などのセキュリティは、現状まだ疑問が残ります。
先日、日本の仮想通貨取引所Coincheckから、海外のハッカーによって560億分の仮想通貨が盗まれた事件もありました。
仮想通貨取引所を、まるで銀行のように信用している人が多いですが、現状では自分で管理する意識を高く持たなければならないという部分が残っています。

電子マネーのメリット・デメリット

・メリット① 換金手数料がかからない

電子マネーの利用は、提携企業や金融グループ内での利用に限られます。

そのため電子マネーは必ず購入元の提携企業や金融グループに還元されるため、手数料はかかりません。

・メリット② 価値が安定している
仮想通貨は持っている人が多いほど価格が上昇していきます。そのため投機対象としてしか見ていない人が多いのも事実です。
電子マネーは既に提供元に資金を預けてあり、その資金でサービスを購入する仕組みになっているので価値が安定しています。

・メリット③ 国内で取り扱っている店やサービスが多い
電子マネーは利用が始まってから10年以上たっています。多くの企業が参入しているため、取り扱っているお店やサービスが非常に多いです。

・デメリット① 送金は基本的に出来ない
電子マネーはわかり易く言うと商品券のようなシステムです。
発行元となる企業や金融グループが運用・提携しているお店やサービスでしか利用できないため、送金することは基本的にはできません。

・デメリット② 国内取引に限られる
電子マネーは、海外での利用を想定して開発されていません。
そのため電子マネーが利用できるのは国内のお店やサービスに限られます。

・デメリット③ 返金に手数料がかかる
電子マネーは購入する際は手数料がかかりませんが、返金時に手数料がかかります。

・デメリット④ 特定のカードや端末やアプリがないと保管できな
仮想通貨のように、自分で選んだウォレット(データ上の財布のようなもの)に保管しておくことができません。
保管できるのは、発行元となる企業が開発・発行したカード・端末・アプリに限られます。

まとめ

今回は仮想通貨と電子マネーの違いをメリット・デメリットに分けてご紹介してきました。
これらをわかりやすくまとめると、

・仮想通貨は世界中で利用できるが、まだ利用できる場所が少なく法整備が不十分
・電子マネーは特定のお店・サービスで利用できるが、送金などはできず、法定通貨に戻す際に手数料がかかる。

ということになります。

電子マネーは利用用途を限ることで安全性が高い支払いを可能にしていますが、今後利用用途が増えるためには、発行元の企業と様々なサービスが提携する必要がでてきます。
利用用途という面では、まちがいなく限界があるのは間違いありません。

一方、仮想通貨はまだ未成熟の業界ですが、利用用途はまさに無限大で、法整備が進む事でもっと発展していく支払い方法です。
現在も国際的に需要が伸びているのは間違いないので、今後に期待したいですね。