Coincheck騒動をキッカケに、仮想通貨を投資家が個人で管理しようと言う意識が高まってきています。
そんな中注目が集まっているのが、仮想通貨を専用の端末に保存しておくことができる「ハードウェアウォレット」です。

仮想通貨をすでにやっている人はもちろん、これから始めようとしている人にも是非ハードウェアウォレットを導入することをおすすめします。

今回はそんなハードウェアウォレットについて掘り下げてみたいと思います。

ハードウェアウォレットとは?

ハードウェアウォレットとは、仮想通貨をネット上から切り離して保管する事のできる専用端末のことです。

データ上の通貨である仮想通貨は、基本的にネット上で利用するため、多くの人はオンライン上の取引所やウォレットに保存しています。
しかし、オンライン上で管理すると、ハッカーや新型コンピューターウイルスに狙われるリスクが常に存在します。

ハードウェアウォレットは専用の端末をコンピューターに接続し、ネット環境から隔離して保存することで、それらのリスクを回避することができます。
USBで接続するタイプのものや、隔離ネットワーク内で通信するタイプのもの等様々な製品が発売されています。

ハードウェアウォレットの仕組み

ハードウェアウォレットの中には、「秘密キー」と呼ばれる保有する仮想通貨にアクセスするための鍵が保存されています。
基本的な仕組みを見ていきましょう。

直接、仮想通貨を保存しておくわけではない

ハードウェアウォレット中に、仮想通貨を直接保存するわけではありません。
ハードウェアウォレットの中には保有する仮想通貨の「秘密キー」が入っており、利用するときにだけコンピューターに接続する形して使用します。
仮想通貨は、その通貨のアドレスと「秘密キー」が一致した状態で無いと移動する事ができないため、「秘密キー」をネット環境から切り離しておく事で、安全に仮想通貨を保存する事が出来るのです。

ハードウェアウォレットの中でさらに暗号化される

ハードウェアウォレットに保存された「秘密キー」は、端末の中で暗号化されています。
そのため、例えばハードウェアウォレットを第三者に盗まれてしまっても、端末から「秘密キー」を読みとることは基本的には不可能です。
ハードウェアウォレットの「秘密キー」は、端末を初期化(製品によっては必要ない)するたびに新しい暗号列が作られるので、やり方によっては一台のハードウェアウォレットで複数の「秘密キー」を運用する事もできます。

壊れてしまっても大丈夫

ハードウェアウォレットには「リカバリーフレーズ」や「リカバリーパス」と呼ばれる復旧用の暗証番号が用意されています。
もし壊れてしまったとしてもこれらの復旧用の暗証番号を利用することで、別のハードウェアウォレットに切り替えたり、保管してある仮想通貨にアクセスする事ができます。

製品によって、保管しておける仮想通貨が異なる

仮想通貨によっては、アドレス生成の仕組みが違ったり、そもそも他の仮想通貨とは全く別のアクセス方法で管理されている場合があります。
そのため製品によって保存しておける仮想通貨が異なるので、購入前には必ずチェックするようにしましょう。

ハードウェアウォレットの必要性

ハードウェアウォレットの仕組みがわかったところで、今度はハードウェアウォレットの必要性について考えてみたいと思います。

ネット上から切り離して仮想通貨を保存しておくことができる

ハードウェアウォレットが存在する最も大きな理由は、ネット上から切り離して仮想通貨を保管することができるという点です。
ネット上から切り離すことでハッカーなどの脅威から仮想通貨を守ることができるため、より安全に仮想通貨を保管しておけます。

中央集権的なサービスから切り離せる

2018年1月に発生したCoincheck騒動。取引所から560億円相当の仮想通貨が盗まれたこの事件は、国内外で大きなニュースになりました。
この騒動の問題点は、Coincheckという取引所が仮想通貨の取引だけでなく、ウォレットサービスなどの仮想通貨事業を中央集権的に行っていたという点だと思います。
本来、情報を分散することで高い安全性を誇る仮想通貨が、Coincheckというたった一つの管理企業がハッキングされただけで信用を失ってしまいました。
同時に仮想通貨取引所は、決して完璧なセキュリティで運営されているわけではないということと、法定通貨のように「自分の通貨は自分で守る」意識が必要です。

ハードウェアウォレットのデメリット

ここまでハードウェアウォレットの良い面をご紹介してきましたが、懸念されているデメリットも存在します。
ご購入を考えている方は、こちらも合わせて確認していきましょう。

・安全性が高いからこそ、暗証番号の紛失には注意!

ハードウェアウォレットの安全性が高い理由は、暗号化された「秘密キー」などの情報が第三者に読みとれる心配がほとんどないという点が大きいです。
しかし、端末にアクセスするための暗証番号やシードなどを忘れてしまったり、紛失してしまった場合は、仮想通貨の取り出しがほぼ不可能になります。
銀行口座の暗証番号のように、本人確認で再発行…というわけにはいきません。十分注意しておく必要があります。

壊れる可能性がある

ハードウェアウォレットは専用の端末が必要になるため、いつか壊れてしまう可能性があります。
前述した復旧用の暗証番号があれば、アクセスすることに問題はありませんが、定期的に買い直す必要性はでてくると思います。

現在、入手しづらく値段が高い

現在、Coincheck騒動で需要が増えたことで品薄状態になっています。
端末自体の値段は、ちゃんとしたものを買おうとすると1万円前後が相場で、保管するための初期費用と考えると少し高い印象がありますね。

人気のハードウェアウォレット

それでは実際に、どんなハードウェアウォレットが良いのでしょうか?
今回は使用者が多く、代表的な製品の二つをご紹介したいと思います。

※対応通貨は、2018年2月末までの内容になります。アップデートなどで変更される可能性があるので、それぞれの公式サイトで確認してください。

◇「Ledger Nano S」

Bitcoin(BTC)
Bitcoin Cash(BCC)
Bitcoin Gold(BTG)
Ethereum(ETH)
Ethereum Classic(ETC)
Dash(DASH)
Zcash(ZEC)
Vertcoin(VTC)
Litecoin(LTC)
Expanse(EXP)
Ripple(XRP)
Stratis(STRAT)
Qtum(QTUM)
Komodo(KMD)
Ark(ARK)
Ubiq(UBQ)
Viacoin(VIA)
PivX(PIVX)
PoSW(POSW)
その他ERC.20トークン

対応通貨の種類が豊富で人気のある「Ledger Nano S」。
初期設定や使い方が少し複雑な面はあるものの、機能はとても充実しています。
アプリがやや不安定な部分があり、定期的にアップデートを繰り返していますが、ハードウェアウォレットとして最初に名前が挙がる製品だと思います。 どれが良いか迷ったときは第一選択しとしておすすめします。

Ledger Nano S(レジャーナノエス)の公式サイトはこちら

◇「Trezor」

・対応通貨
Bitcoin(BTC)
Bitcoin Cash(BCC)
Bitcoin Gold(BTG)
Ethereum(ETH)
Ethereum Classic(ETC)
Dash(DASH)
Zcash(ZEC)
その他ERC.20トークン

ポップな見た目と種類のが豊富なハードウェアウォレット「Trezor」。
対応通貨は少ないですが、一つの端末で複数のアカウントを手軽に管理する事ができます。
同価格帯の中では操作も簡単で、USBで接続して簡単に仮想通貨にアクセスすることができます。

まとめ 中古は絶対にNG!絶対に正規ルートで購入すべき!

さて、ここまでハードウェアウォレットについてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。
Coincheck騒動以降、特に需要の高まったハードウェアウォレットですが、今後こういったものに頼らなくてもいいくらい取引所やオンラインウォレットのセキュリティが高くなってくれることを祈っています。

最後に、ハードウェアウォレットに関して懸念されている、中古品のリスクについて語りたいと思います。

中古品で、既に初期設定がされているハードウェアウォレットに仮想通貨を入れると、購入前の所有者にもアクセスされてしまう可能性があります。
「Ledger Nano S」のホームページでもこれについて言及されており、実際に海外掲示板などで被害にあったという人物が数名でているようです。

決して数の多い事件ではありませんが、そもそもセキュリティ目的で購入したハードウォレットから仮想通貨が盗まれてしまっては元も子もありません。
購入は絶対に正規品を購入し、中古品は避けるようにした方が賢明です。

おすすめのハードウェアウォレットはこちら

Ledger Nano S(レジャーナノエス)