仮想通貨は、基本的には上限を決めて流通されそれ以上は発行されません。ただし、マイニングは唯一新たに通貨を発行する行為になります。情報の整合性を保つために、承認や確認を行う作業で、行った人に配布されます。

取引以外に増やすことができる方法

お金を得るためには、基本的には何かお金を得る代償を払う必要があります。一般的には労働を提供して給料として受けるなどがあります。その他株式投資などをして利益を得たり、銀行預金などをしていれば利息などを受けるなどがあるかもしれません。仮想通貨においてはマイニングと呼ばれている行為があり、取引以外にお金を得る方法として知られています。通常は業者から購入したり、希望者同士とやり取りをすることで得ますが、一定の作業を行うとその作業代として受けることができます。この仕組みを運営する上で重要な作業で、通常は大きな規模で行われています。

取引の承認や確認を行うための作業

銀行取引もネットでできるようになっています。この時誰がチェックをしているかですが、もちろんその銀行の関係者でしょう。さすがに人がすべてを行うわけではなく、コンピュータなどが行っているのでしょうが、銀行が保有するコンピュータなどで誰から誰に送金されたなどの記録をきちんと取っています。仮想通貨は、銀行のように管理をする組織がありません。ではどうやって取引の正当性を得るかですが、その時におこなわれるのがマイニングになります。取引の承認や確認を行う作業になります。利用者側で他人の取引などのチェックを行うことで取引が正しいと認識できるようになります。

新規発行される唯一の手段とされる

各国の通貨は、今は国の判断で発行されます。かつてはゴールドを基準としていましたが、今は独自に経済状況などを判断して発行されます。発行され過ぎると価値が減るなどの問題もあるので、注意しながら行われているようです。仮想通貨は、ネット上で利用される価値で、誰かが新たに作り出すことはありません。マイニングは、新たに作り出される唯一の手段になっています。基本的には、現在認識されている通貨がまわりまわっている状態ですが、どんどん作業が進めば通貨もどんどん発行される可能性があります。将来的には、どんどん増えていくかもしれません。

まとめ

仮想通貨の中で出てくる言葉にマイニングがあります。個人的には、取引以外に取得するための方法になります。システム全体としては、承認や確認の作業を指し、新たに発行される唯一の手段になります。それ以外の方法では発行されません。